お知らせ

マガジン

六月は甘味の月 eyecatch

note

毎年、六月という月はなんとなく「地味」に感じます。連休はないし、今年の半分を消費してしまうのが見えてくるし。でも実は六月は甘味に関連する行事が多い月なんです。 6月1日:氷室開 6月16日:嘉祥(嘉定) 6月30日:夏越 ...

立夏に風炉を準備する eyecatch

note

今年の立夏は5月5日。連休はあと少しで終了というタイミング。この時期の茶室は忙しいのです。昨年の立冬に合わせて開いた炉を片付け、夏の風炉に替えます。炉から灰をあげて、一先ず容器にまとめておきます。灰は夏になったら洗って干 ...

短冊用のたとう紙を交換 eyecatch

note

恩師からいただいた短冊のたとう紙が、ちょっと年季の入った状態になっているので交換しました。和紙は長く保管可能ですが、湿気によるカビや変色は免れません。たとう紙を交換して大切に保管します。交換前続きをみる ...

「袴」で始まる仮説(想像)の行方 eyecatch

note

井伊直弼著『茶湯一會集』には”袴ばかりは草なり”という箇所があります。そこで思い出したのが遠藤元閑著『茶湯三傳集』(以下、『三伝集』)の”草袴 草足袋はく事なし”でした。茶書研究会で『三伝集』を輪読したときにナゾだった箇 ...